お金を借りるということを安易に考えない

Posted on 2016年1月14日 By

私は気軽に友人からお金を借りることがありました。たまたまお財布にお金がなかったり急な誘いの時などでしたが、すぐ返せばいいやと簡単に考えていたのです。

貸してくれる友人も私と同じような感じだったので持ちつ持たれの関係でした。しかしそれも学生の間までです。社会人になってからは、お金の貸し借りというのはなぁなぁでするものではないという認識に変わっていきました、それは急な出費であってもお金が用意できないというのは社会人として恥ずかしいことだと思うようになったからです。

社会に出たことでお金を借りる人は他のことにもだらしがない、という人間を多く見た経験から友人知人にお金を借りることは気軽にするものではないことで自分の信用を担保にする行為なのだと思います。

ですが、社会人になっても急にお金の管理が上手くいくわけでもなく急な出費に間に合わないことがありました。今までなら友人に借りていましたが、この時は知り合いにお金がないとは言えずキャッシングで借りることにしました。もっとしっかりお金を考えていたらと悔やみましたが、背に腹は代えられず…

お金が足りなくてキャッシングなんて、と自己嫌悪しながらなぜか悪いことをしているような気分でお金を借りました。しかし、実際はあまりに簡単でした。拍子抜けしたのを覚えています。自分の銀行のATMからお金をおろす感覚に近かったです。

何だこんなに簡単なんだ、と一安心したと同時に怖くなりました。お金を借りた、という感覚がないのです。どうしても、という時に利用するなら大丈夫だと思いますがお金を借りているということを忘れたらきっとクセになるきがします。やはりお金は安易に借りるものじゃないのだと思います。

夜お金借りる.com 夜でもお金を借りることができるカードローンを紹介します。)

未分類    


妻の借金が発覚した時には、親に泣きつきました

Posted on 2015年7月26日 By

お金が必要で仕方ない時は色々な状況がありました。
私の場合は、情けない事に日常的に使う仕事で必要なスーツやシャツ、靴を買わざるを得ない時です。
サラリーマンで営業の仕事をしていた時は、さすがにボロボロの靴や歩きすぎるとスーツの股下が穴が空いたモノを着ていく訳にはいかず、やむを得ず貯金を切り崩して購入していました。
安い靴を買うと、靴の底の減りも早いのですが、応急処置として東京靴流通センターで2000円代の靴を購入して使い回していました。
でも更に困るのは、冠婚葬祭です。葬儀などは、突発的に起こるのでどうしようもありません。
さすがにお世話になった人や親せきの葬儀を欠席する訳にもいかない時も多々ありました。
特に結婚式の場合は、2万から3万円はご祝儀を包まなくてはいけない為、手元の資金がない事もありましたが、あまり親しくない人の結婚式には欠席した事もありました。
また、どうしても必要で貯金がなくて、お金を借りた時もあります。
それは、私が結婚してから妻が借金をしていたからです。
月々の給与を渡していましたが、生活費が不足した時があったようで、それを私につけずにキャッシングしていた事がありました。
私に言わなかった事が非常にショックでしたが、既に数十万円になっていたので、親からお金を借りて返しました。
後にも先にも親からお金を借りる事が嫌いだったので、本当に嫌だったのですがキャッシングの借金を更にキャッシングで返すのは非常に危険だった為、この時ばかりは、親を頼ってしまいました。
借金をするのであれば、未来に向かう投資的なモノ(例えばマンション購入とか)であれば、良い借金だと思っています。借金するのであればそんな時にしたいものです。

未分類


株取引にハマってしまいお金を借りるようになりました

Posted on 2015年5月8日 By

私は短期間で大きくお金を増やそうと思い、そのために株式投資を始める事にしたのです。

株式投資はそれまでしたことがありませんでしたが、やっている内に何とかなると思い、あまり良く考えずに始めてしまいました。

はじめは無難に日経平均採用銘柄に投資をしていたのですが、あまり利益を伸ばせないので、仕手銘柄と呼ばれる値動きの激しい銘柄に手を出してしまったのです。

それに因って一時は大きく資金を増やす事が出来たのですが、仕手銘柄を取引すると、お金が増えるのも速いですが減る時も早く、それで私が増やしたお金はあっという間に無くなってしまったのです。

この段階で株取引をやめればよかったのですが、私は損失を取り戻すために消費者金融で30万円お金を借りるまでして、再び株取引を始めてしまったのです。

ですが損失を取り戻すどころか、ますます損失を増やしてしまい、借金をしてまで株取引にお金を注ぎ込んだのに、結局そのお金もなくしてしまいました。

私はこの段階になって始めて、自分の愚かさに気付いたのです。それから私は借金を返すために、週末にバイトまでするようにしたのです。そのおかげで消費者金融から借りたお金を完済することができました。

この事でやはり短期間でお金を増やすよりも、コツコツ地道にお金を増やした方が良いと、しみじみ思うようになりました。

未分類


携帯電話の請求書

Posted on 2015年5月4日 By

携帯電話の請求書が届きました。

私は最近電話を使用していなかったし、今月は安いだろうと思っていました。

ハサミで請求書の入った封筒を切り見てみると、思わず「高っ!」なんで~?

と思い、一つ一つの項目をチェックしていきます。

通話料もパッケット代金もそんなにかかっていないです。

先日機種変更をした時の手数料も支払い済みです。

ではなんで?と見ていくと、そう言えば主人の携帯の画面がおかしくなって、新しいものに取り換えていた事を思い出しました。

先日取り替えたばかりなのに、もう請求書に反映されているなんて。

お金を支給される時は手続きや時間がかかるのに、請求はあっと言う間ですね。

未分類


予定外の結婚式と予定外の出費と建前

Posted on 2014年3月19日 By

私達夫婦は入籍のみで式をしない希望で結婚しました。しかし夫側の親族の希望で入籍後の結婚式をする事になりました。

私の実家は残念ながら式に対しての出費が出来ない状態だったので、式を行う事は不可能だと伝えたのですが、強い希望と費用負担をしてくれるとの事で了承しました。

私達にとって出費が無い状態だと思っていても余分な経費は抑えたくて、あくまで招待客に満足してもらう事を一番に意識して、料理や引き出物など決めて行きました。

ドレスはプラン内で決めるつもりでしたが、どうせなら自分達の希望も取り入れたく思い追加料金を少々して決めました。

そして式まで数日となった時に嫁の分のドレス代は用意してくれると思っている事を知りました。式のメイン費用は負担して頂くのですから、それを不快に思うことは失礼だと思います。

しかし、私の実家はその費用すら無理な状態なのです。急遽予算が足りない状態で、相手の両親には言えません。私達夫婦の将来用として貯金していた分をあてる事にしました。

その旨私の両親に説明し、集まった祝儀は私達が受け取る事で問題を解決しました。今回の件で、無事式を挙げ、招待客にも満足頂けましたが、どんな状況になっても急な出費がある事を学びました。

総量規制対象外の銀行カードローンこれはいいね!

未分類    


主婦になってお金の不自由さを実感

Posted on 2014年3月7日 By

主婦になってから、自分のために自由に使えるお金というものはほとんどなくなりました。うちはまだ子供が小さく、私が働きに出られる状態ではないので、旦那の給料だけでやりくりしています。

毎日の生活費、子供のための貯金、色々と切り詰めて生活していて、自分の事はどうしても後回しになってしまいます。家庭を持つという事はそういう事だと、結婚前にある程度は覚悟していたんですが、やっぱりちょっと辛いですね。

独身の友達が羨ましくなってきます。同じママでも、旦那さんの稼ぎがよくて専業主婦をしていられるママ友さんなんかを見ると、やっぱり着ている服もキレイで、美容院にも頻繁に行って小綺麗にしています。

自分はというと、もう1年以上美容院にも行かず、髪ものび放題でボサボサ・・・。独身の頃から着ていた時代遅れの服を着回しています。なんだか、女性としてむなしくなってきます。

それでも子供や旦那のために!と思うと、頑張れるのですが、やっぱりストレスはたまるし、たまにはお金を使ってストレス発散したいなぁと思っちゃいます。生活費が足りないので宝くじ当たらないかなぁ。(買ってないんですが(笑))

未分類


カードローンはコツコツ返済できます

Posted on 2014年2月4日 By

財布の中が寂しくなってきても急な用事はいつ起こるか分かりません。
そんなピンチを乗り越えるのにカードローンはとても役に立ちます。

同じ様なサービスとしてキャッシングもありますが、カードローンはキャッシングと違い分割払いが可能です。
そしてキャッシングよりも金利が低く設定されています。

つまりカードローンは借り入れたお金を低い金利でコツコツと返す事が出来るのです。
分割して返済する事が出来れば返済時の負担はとても軽くなります。
額が増えれば増えるほどそのメリットも大きくなります。

無理なくコツコツ返したいならカードローンがオススメです。

未分類


お金を借りるには、アコム?それとも身内?

Posted on 2014年1月29日 By

現代社会ではお金を借りる方法というのは星の数ほどありますが、どれくらいの額が必要なのかで借りる方法が変わってきます。

私の場合、現在の勤務先へ勤めだしてから日が浅いので、新しく金融系のカードを作ろうと思っても作れない可能性が高いので、50万円のお金を作ろうと思ったら、必然的に取るべき方法が限られてきます。

まず一番最初に検討をしたいのは、クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法です。普段お金に困ったことがない人は、クレジットカードにキャッシング枠が付いているこを知らない人も多いのです。自分の持っているクレジットカードの中で、最も金利の低いカードを選びそこから50万を借りる方法。

そしてもうひとつは、あまり気が進まない方法ですが、身内や友達からお金を借りる方法です。身内や友達というのは、これからの付き合いがありますので、返済していくことを考えたらビジネスでお金を貸してくれる所からお金を借りた方が、気持ちよくお金を借りる事ができるので、もし50万緊急にお金が必要な場合には、キャッシング枠でお金を借りると思います。

未分類


私はATMとも相性が悪い人間です

Posted on 2014年1月19日 By

私は生まれつき機械と相性が悪いタチらしく、触れただけで故障するということも一回や二回ではありませんでした。
銀行のATMもそうでした。記帳しようと通帳を差しこんだらいきなりブザーが鳴り、窓口の方から行員が束になって走ってきました。
「どうなさいましたか!」と聞かれても。「分かりません」と答えるしかありませんでした。

結局、私が悪いのではなく機械の調子が悪かったらしいという事で行員が揃って頭を下げてくれました。
しかし、私の後ろにはお金が欲しい人たちの長い長い行列ができていました。二台しかないATM、時は月末の金曜日と言う事で大混雑していたのです。
また、そういう時に限って記帳が何ページにも渡り、いっこうに終わらないので針のむしろでした。

また、ある時は時間外のATMで誰も並んでいない時間だったのですが、残高を確かめようと通帳を入れたら突然ギーギーと音を立てて「お取扱い中止」と出てしまったのです。

通帳は戻ってこないし、ずっとギーギー言ってるし、仕方がないので緊急用の受話器を取り行員に知らせました。
するとやっぱり「どうなさいましたか!」と来たので、「中止になりました」と答えると機械の裏側に回って見てくれたのですが、
表に出てきてくれるまで20分は掛かりました。

行員が手にしていた私の通帳はボロボロで、インクで真っ黒になっていました。行員は平謝りで新しい通帳を作ってくれましたが、
記入された残高が26円だったのでものすごく恥ずかしかったです。

その他にも入金を拒否されたりが何度もありますが、最近はトラブルが無いなあと思ってもいつ何時また起こるか分からないので、
今でもATMに向かう時は非常に緊張しています。

未分類


お金を借りる親から今すぐ出て行けと・・・

Posted on 2014年1月18日 By

私は現在わけあって実家暮らしをしています。なので親の状況によっては急いで出て行ってほしいと言われる可能性は常にあります。

ですが簡単に出ていくと言っても部屋を借りようにもお金がかかります。敷金礼金もろもろです。部屋を借りるだけでも50万はないと不安でしょう。今や敷金等必要がない部屋もありますが、それを抜いても最低限の家具は必要です。

貯金を使うのもちょっと避けたいとことなので急に50万がいるとなると困ることになると思います。

そこでそうやってお金を集めるかを考えるとまずはお金を用意しなければならない期限を決めます。働いて貯められるのならそれが1番です。もし急を要していた場合は両親に今すぐお金を借りることができないか相談すると思います。もちろん返すことを前提にしています。

急に出て行けと言われても常識的に無理なことや自分の今の状況を丁寧に話します。それでわかってくれない場合はお金をキャッシングで借りるしか道はありません。計画的に返せるプランを考えます。

未分類